穏やかに故人との別れの時を過ごす家族葬の重要性とは

身近な人が亡くなると、その遺族はすぐさま悲しむ暇もないほど慌ただしい葬儀の準備に取り掛からなければなりません。

まずは葬儀会社を選択して、葬儀の日取りが決まると親族や関係者に連絡し、当日もゆっくりと個人との最後のお別れを噛みしめることなく参列者への対応に追われる状態が続きます。

これでは誰もが疲弊してしまい、当の故人も浮かばれません。

そんな状況を改善する上でも家族葬は最適のもの。



家族葬では大規模な葬儀は執り行わず、家族のみで無理のない穏やかな時間を共に過ごします。

鋭い観点から朝日新聞デジタルの特徴をご紹介するサイトです。

式次第に関しても縛りはなく、家族揃って故人を見送る団欒のひと時を送り、精進料理を食べ、故人の好きだった歌を歌ったり、思い出話を語り合うなどの、家族だけにしか共有できないものとなります。


会場も自宅や小規模の葬儀場などで執り行えますし、また会葬御礼などの品を準備する必要もなく、家族が参列者の対応に追われることもありません。
最後は皆でゆっくりと故人の顔を眺めながら感謝の言葉を述べ合うことができるでしょう。
遺族においては葬儀を終えた後の疲れが押し寄せることもありませんし、穏やかな時間の流れが故人の死をゆっくりと受け止めさせてくれるはずです。



また、いったんはこのように家族葬にて故人を送り出した後に、後で改めてお別れの会を開催するという方法もあります。
一般の参列者にはこの時に連絡をすることで家族葬との差別化を図ることも可能です。これらの事柄に関しても葬儀会社に相談することで詳しい道筋やノウハウについてアドバイスを得ることができるでしょう。