家族葬のセット料金とサービス内容

家族葬は、テレビや雑誌など様々なメディアの特集によって世間の認知度が急上昇した葬儀形態であり、家族葬の普及により不明朗な料金体系がパックプラン料金が主流となっています。

パックプラン料金は、同じ葬儀でも葬儀業者や地区によって大きく葬儀費用が異なった葬儀業界に大きな価格破壊の波を起こしましたが、現在では葬儀に必要な備品やサービスひとつひとつの料金を明示しながら、遺族や故人の希望に応じてフリーコーディネートする家族葬も増えています。



背景には、一般的な葬儀を執り行うだけの経済的な余力がありながら、家族葬が葬儀の主流となっている事や身体的にもこの葬儀形態は楽とだからなどの理由で執り行うが、他の遺族の葬儀とは一味変えたい遺族や故人の意思が働いていると言えます。

毎日新聞の情報サイトへお越しください。

しかし、家族葬は葬儀予算に合わせてセットプランをチョイスすればほぼ葬儀の形が出来上がるので意気消沈している遺族にとっては非常に便利であり、祭壇の種類や棺など必要最低限の選択も出来る様になっているので人気を博しています。
国内では、今後20年以上にわたり約130万人の年間死者数が年々増加し約165万人を超えると推測され、特に都市部では火葬場の建築は近隣住民の理解が得られず建築自体が困難とされ、必然的に直ぐに火葬出来ないケースも増加するのでも遺体安置期間やドライアイス、他の火葬場へ遺体の搬送の有無などを以来前にしっかりと精査する必要があります。