家族葬のメリットと注意すべき点とは

main-img

お葬式の在り方が様変わりしています。以前から一般的なお葬式の料金体系が不明瞭なことは指摘されてきましたが、近年その見直しが図られつつあります。

僧侶の読経料にもその波が押し寄せ、読経料を明瞭化し僧侶を派遣する新しいサービスが普及してきています。

お坊さんも聖域ではなくなってきているのですね。


家族葬はTVで取り上げられたことで一気に知名度を上げた葬儀の方式です。



昔ほど豊かではない生活を送っている方も多い昨今、昔ながらの200万前後のお葬式をするのはハードルが高くなりました。

小さなお葬式の需要が高まる中、特に注目されているのが家族葬です。

ガジェット通信の喜びの声を頂いています。

家族など近親者だけで葬儀を執り行うもので、故人との最後のお別れの時間をゆっくり過ごしたいと考える方に人気です。

儀礼的な弔問客の接待に煩わされることなく、静かに葬儀を行うことができ、家族だけで故人を悼む時間が持てることが最大のメリットです。
家族葬が小さなお葬式と言われることで、費用も格安だと考える方がいらっしゃいますが一概にそうではないことに注意しましょう。
葬儀そのものは一般の方法と同じことも多く、参列者の数だけが違うため、葬儀用品などには安くない費用が掛かることもあります。さらに弔問客からの香典が期待できないため、むしろ高くついてしまう場合があることは知っておきましょう。故人との最後の静かな時間は何物にも代えがたいメリットはありますが、後日弔問客がご自宅に次々と訪れ接待に追われるケースも見られますので注意しましょう。



マナーの補足説明

subpage1

一般的な葬儀の場合、家族や親族などの身内だけではなく、亡くなられた方が生前親しくしていた人や仕事上お付き合いのあった人などが多数、弔問客として訪れるため必然的に葬儀の規模というものは大きな規模になってしまいがちです。たしかに亡くなられた方が親しくしていた人たちに見送られるというのは幸せなことではあるのですが、一方で遺族の人たちにとっては弔問客の応対に気を配らなくてはなりませんし、そのような状況ではゆっくりと亡くなられた方とのお別れをするというわけにはいきません。...

more

マナーの実態

subpage2

身近な人が亡くなると、その遺族はすぐさま悲しむ暇もないほど慌ただしい葬儀の準備に取り掛からなければなりません。まずは葬儀会社を選択して、葬儀の日取りが決まると親族や関係者に連絡し、当日もゆっくりと個人との最後のお別れを噛みしめることなく参列者への対応に追われる状態が続きます。...

more

マナーの常識

subpage3

家族葬は、テレビや雑誌など様々なメディアの特集によって世間の認知度が急上昇した葬儀形態であり、家族葬の普及により不明朗な料金体系がパックプラン料金が主流となっています。パックプラン料金は、同じ葬儀でも葬儀業者や地区によって大きく葬儀費用が異なった葬儀業界に大きな価格破壊の波を起こしましたが、現在では葬儀に必要な備品やサービスひとつひとつの料金を明示しながら、遺族や故人の希望に応じてフリーコーディネートする家族葬も増えています。...

more

納得の真実

subpage4

人は生まれた以上必ず亡くなるようになっています。身分や収入の格差があっても、誰でも必ず亡くなる事だけはこの世の中で平等と言えるでしょう。...

more